カンナビジオール・オイル(Extra CBD Oil Super 3600)

カンナビジオール(Cannabidiol)大麻草に含まれる成分の一種です。
大麻には陶酔作用や幻覚作用など精神変容作用を示す成分(Δ9-テトラヒドロカンナビノール)が含まれるため使用は規制されていますが、カンナビジオールは精神作用も他の毒性も無い安全性の高い物質です

日本の大麻取締法は大麻草の葉と花穂(花冠)とその製品を禁止していますが、成長した大麻草の茎や種子の使用やそれ由来の製品は除外されています。成分として規制対象は精神作用のあるテトラヒドロカンナビノール(THC)のみで、カンナビジオールは対象外になっています。

したがって、カンビジオールを含む製品は、成熟した茎や種子のみから製造したものであれば、その使用は大麻取締法に違反しません。しかし、もし大麻の葉や花穂が少しでも混入していたら、大麻になります。つまり、規制の対象になります。現在、米国で流通しているカンナビジオール・オイルには、葉の1枚も混入していないと証明できるものを入手するのは困難な状況です。
当院では、 THCを含有しない合法的なCBDオイルを提供しています。

購入ご希望の方はe-mail(info@f-gtc.or.jp)か電話(03-5550-3552)でお問い合わせください。

Extra CBD Oil Super 3600

原産国:デンマーク
輸入者:株式会社 こころ 
農業用麻の茎および種子から抽出した成分を含む製品。
1本(50cc)に カンナビジオール(CBD)を3600mg含有。
滴下式で1滴に約2.5mgのCBDを含む。
1個(3600mg/50cc)は40,000円(税込み)
THC非含有

本製品はCBDオイル製品では信頼度の高いデンマークのEndoca社で製造されたものです。日本ではTHC(Δ9-テトラヒドロカンナビノール)が検出されると通関できないので、THCを検出限界以下になるように日本向けに特別に製造されたものを、日本の会社(株式会社こころ)が輸入して販売しています。
EU (欧州連合)の基準に合う有機栽培された農業用麻の成熟した茎と種子を原料にして、GMP基準(Good Manufacturing Practice)を満たす方法で製造されています。 超臨界二酸化炭素抽出法で抽出されたCBD含有オイルで、CBDを約8%含む高濃度のCBDオイルです。

リンク:

    1. カンナビジオールの抗がん作用
    2. カンナビジオールは 抗がん剤の副作用を軽減する。
    3. カンナビジオールはがん細胞の浸潤・転移を抑制する。