2016年7月アーカイブ

アンジオテンシンII阻害剤は肺がんにおけるタルセバの効果を高める

f-gtc (2016年7月14日 14:08)

アンジオテンシンII阻害剤は肺がんにおけるタルセバの効果を高める

Renin-Angiotensin System Blockers May Prolong Survival of Metastatic Non-Small Cell Lung Cancer Patients Receiving Erlotinib (レニン-アンジオテンシン・システムはエルロチニブ投与を受けている転移のある非小細胞性肺がん患者の生存期間を延長する可能性がある)
Medicine (Baltimore). 2015 Jun; 94(22): e887.

エルロチニブ(Erlotinib)は上皮成長因子受容体(EGFR)のチロシンキナーゼを選択的に阻害する内服の抗がん剤で、商品名をタルセバと言います。非小細胞性肺がんや膵臓がんの治療に使われています。

転移している非小細胞性肺がんに対してエルロチニブで治療を行った117例の患者を解析したところ、アンジオテンシン変換酵素阻害剤(angiotensin-converting enzyme inhibitorsACEIs)かアンジオテンシン2受容体タイプ1の阻害剤(angiotensin-2 receptor 1 blockersARBs)を服用していた患者さんの生存期間が長かったという結果が得られたという報告です。

この117例のうち、転移のある非小細胞性肺がんの診断のついた時点で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤(ACEIs)かアンジオテンシン2受容体タイプ1の阻害剤(ARBs)のどちらを服用している患者は37例でした。このレニン・アンジオテンシン系阻害剤のグループ(renin-angiotensin system blockersRASBs)が、RASBsを服用していない非小細胞性肺がん(転移あり)80例を対照にして比較しています。

全症例の平均年齢は61(±1)歳で、全例が抗がん剤治療かエルロチニブ治療を受けていました。

RASB群は対照群に比べて、喫煙率が高く、高血圧と虚血性心疾患の率が高く、エルロチニブ、サイアザイド系利尿薬(thiazides)、βブロッカー、カルシウム・チャネル・ブロッカーを使用している頻度が高いことが認められています。

追跡期間の中央値は18.9ヶ月(1〜102ヶ月)です。

追跡期間の中央値はRASB群が17ヶ月で対照群が11ヶ月と統計的有意差を認めました(P=0.033

処方されたRASB剤で最も多かったのはバルサルタン(valsartan)でした(37例中12例が服用)。

解析の時点で98例(83.7%)が死亡していました。

全生存期間の中央値はRASB群で17ヶ月、対照群は12ヶ月でした(P=0.016)。興味深いことに、エルロチニブで治療を受けている場合に、RASBの使用による生存期間の延長が最大でした。

RASB+エルロチニブの全生存期間が34ヶ月に対して対照群は25ヶ月でした。

エルロチニブ治療でACEIの使用者は4例のみであったため、この生存期間の延長はおもにARBs(アンジオテンシン2受容体タイプ1の阻害剤)によるものでした。

 

原文のAbstract

Renin-Angiotensin System Blockers May Prolong Survival of Metastatic Non-Small Cell Lung Cancer Patients Receiving Erlotinib

Adnan Aydiner, MD, Rumeysa Ciftci, MD, and Fatma Sen, MD

Monitoring Editor: Chun-xia Cao.

Author information Article notes Copyright and License information

 

Go to:

Abstract

The aim of this study is to determine whether renin-angiotensin system blockers (RASBs), which include angiotensin-converting enzyme inhibitors (ACEIs) and angiotensin-2 receptor 1 blockers (ARBs), improve the overall survival (OS) of patients with metastatic non-small cell lung cancer (NSCLC).

The medical charts of 117 patients with metastatic NSCLC were retrospectively assessed. Thirty-seven patients (RASB group) using RASBs during systemic treatment were compared with 80 controls (control group) who did not use RASBs following the diagnosis of NSCLC. The histological tumor subtype, performance status, age, sex, smoking status, comorbidities, other medications, chemotherapeutics (CT), and erlotinib that were received in any line of treatment were recorded. We compared the OS of the patients in the RASB and control groups.

The median (±SD) age of the patients was 61 (±1) years and all patients were administered systemic treatment (CT or erlotinib). The patients in RASB group were more likely to be smokers, have hypertension and ischemic heart disease, and use erlotinib, thiazides, beta-blockers, and calcium-channel blockers (P < 0.05 for all) compared with the control group. The median follow-up time was 18.9 months (range 1-102 months) for the entire group. The median follow-up period was longer for RASB group than control group (17 vs 11 months, P = 0.033). The most commonly prescribed RASB agent was valsartan (n = 12/37). At the time of the analysis, 98 (83.7%) of all patients had died. In the univariate analysis, the median OS was longer in the RASB group compared with the control group (17 [±4.1] vs 12 [±1.4] months, P = 0.016). Interestingly, further analyses revealed that RASBs significantly improved OS only if used with erlotinib concurrently (34 [±13.8] vs 25 [±5] months, P = 0.002) and the OS benefit was more attributable to ARBs because only 4 patients received ACEI and erlotinib concurrently. However, the benefit of ARBs on OS disappeared in the multivariate analysis.

The use of ARBs during erlotinib treatment may prolong OS of patients with metastatic NSCLC.

ブログトップ

カレンダー

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

診療案内

科学的根拠」と「費用対効果」を重視し、経済的負担が少なく、科学的根拠のあるがんの補完・代替医療(未認可医薬品やサプリメント)を実践しています。

診察は 予約制 ですので、診察ご希望の場合は予め電話(03-5550-3552)でご連絡下さい。全て自由診療で保険は適用されませんのでご了承下さい。

以下の項目を専門に診療致しております。

ご予約・お問い合わせ

電話:03-5550-3552
(月~金曜 午前9時から午後5時30分)

FAX:03-3541-7577(24時間受信)

e-mail:info@f-gtc.or.jp

診療時間

※クリックすると拡大します

アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-9石和田ビル5階

東銀座駅(営団日比谷線/都営浅草線)4または6番出口より徒歩2分

銀座駅(銀座線/日比谷線/丸の内線)5番出口より徒歩5分