2012年11月アーカイブ

メトホルミンは食道がんの化学放射線療法の効き目を高める

f-gtc (2012年11月 2日 08:15)

メトホルミンは食道がんの化学放射線療法の効き目を高める

 

メトホルミンは食道腺がんの治療効果を高める(Metformin use and improved response to therapy in esophageal adenocarcinoma.Acta Oncol. 2012 Sep 5. [Epub ahead of print]

米国テキサス州のMDアンダーソンがんセンターの放射線腫瘍部門(Department of Radiation Oncology)からの報告

背景:術前化学放射線療法を受けた食道腺がん患者において、メトホルミンを服用していた場合の治療効果への影響を検討した。

方法:1997年から2012年の間に術前化学放射線療法を実施後に切除手術を行った285例の食道腺がん患者を対象にした。この中にはメトホルミンを服用している糖尿病患者が29例、メトホルミンを服用していない糖尿病患者が21例含まれ、残りの235例は糖尿病でなかった。

204例において化学放射線療法の前後でPET検査が行われた。病理学的な治療効果は手術の時点で評価した。

結果:全患者の病理学的な完全奏功率は20%であった。メトホルミンを服用しているグループの完全奏功率(34.5%)は、メトホルミンを服用していない糖尿病患者のグループの完全奏功率(4.8%, p = 0.01)と非糖尿病のグループの完全奏功率(19.6%, p = 0.05)と比べて統計的有意に高かった。

病理学的完全奏功率はメトホルミンの用量に依存し、1500mg/日以上の服用群でより高い完全奏功率を示した。

化学放射線療法におけるPET検査における取込みは、メトホルミンを服用している群で著明に低下した。

メトホルミン服用が病理学的完全奏功率と独立に相関していた。メトホルミン服用は放射線治療後の再発の低下とも関連していた。

結論:メトホルミンの併用は食道がんの化学放射線療法の治療効果を用量依存的に高め、化学放射線療法の感受性増強剤となる可能性が示唆された。

 

Acta Oncol. 2012 Sep 5. [Epub ahead of print]

Metformin use and improved response to therapy in esophageal adenocarcinoma.

Skinner HD, McCurdy MR, Echeverria AE, Lin SH, Welsh JW, O'Reilly MS, Hofstetter WL, Ajani JA, Komaki R, Cox JD, Sandulache VC, Myers JN, Guerrero TM.

Source

Department of Radiation Oncology, The University of Texas MD Anderson Cancer Center , Houston, Texas , USA .

Abstract

Background. We investigated the radiographic and pathologic response rate of esophageal adenocarcinoma treated with neoadjuvant chemoradiation in patients taking metformin. Material and methods. Two hundred eighty-five patients with esophageal adenocarcinoma treated with concurrent chemoradiation (CRT) followed by esophagectomy from 1997 to 2012 were included in the study, including 29 diabetics taking metformin, 21 diabetics not taking metformin and 235 non-diabetics. Pre- and post-treatment positron emission tomography (PET) scans were available for 204 patients. Pathologic response was graded at the time of surgery. Response rates were compared using both the χ(2) statistic as well as ANOVA with post-hoc LSD analysis. Multivariate logistic regression analysis was performed to control for predictors of pathologic complete response (CR) after CRT. Results. The overall rate of pathologic CR for the study population was 20%. The pathologic CR rate was higher in patients taking metformin (34.5%), compared to diabetic patients not taking metformin (4.8%, p = 0.01) and non-diabetic patients (19.6%, p = 0.05). Pathologic CR was related to metformin dose, with ≥1500 mg/d associated with a higher CR rate. No significant difference seen in pre-CRT maximum tumor SUV (p = 0.93), however post-CRT maximum SUV was significantly decreased in patients taking metformin (p = 0.05). On multivariate logistic regression, metformin use was independently associated with pathologic CR (p = 0.04). Metformin use was also associated with decreased in field loco-regional failure following radiation (p = 0.05). Conclusion. Metformin use is associated with a dose-dependent increased response to CRT in esophageal cancer and may be a sensitizer to this therapy.

ブログトップ

カレンダー

2012年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

診療案内

科学的根拠」と「費用対効果」を重視し、経済的負担が少なく、科学的根拠のあるがんの補完・代替医療(未認可医薬品やサプリメント)を実践しています。

診察は 予約制 ですので、診察ご希望の場合は予め電話(03-5550-3552)でご連絡下さい。全て自由診療で保険は適用されませんのでご了承下さい。

以下の項目を専門に診療致しております。

ご予約・お問い合わせ

電話:03-5550-3552
(月~金曜 午前9時から午後5時30分)

FAX:03-3541-7577(24時間受信)

e-mail:info@f-gtc.or.jp

診療時間

※クリックすると拡大します

アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-9石和田ビル5階

東銀座駅(営団日比谷線/都営浅草線)4または6番出口より徒歩2分

銀座駅(銀座線/日比谷線/丸の内線)5番出口より徒歩5分